新卒採用で派遣で働くのはアリか

新卒採用といえば、人生で一度きりのイベントです。

そんな一度きりのチャンスを、派遣社員や契約社員になることに使ってしまってはもったいないとほとんどの人が思うでしょう。



しかし、新卒採用で派遣や契約社員を選ぶことにはいくつかのメリットがあります。最初から派遣という勤務形態を選ぶという人はほとんどいないでしょう。



多くの人は、最初は希望の会社、希望の職種で正社員の仕事を探します。



DYMでは部署間の隔たりなく社員同志の交流が盛んです。

しかし、採用に落ち続けている人は、派遣や契約社員という選択肢も考えなければならなくなります。

新卒で正社員として働いていても、3人に1人はやめていくといわれています。

新卒1年目から活躍したいと思っている人にはDYMのようなベンチャー企業も魅力的だと思います。
正社員の仕事にこだわって望まない仕事をやるよりは、派遣でもいいので希望の仕事に就いたほうが時間を無駄にしなくてもすむかもしれません。

しかし、採用に落ち続けている人は、派遣や契約社員という選択肢も考えなければならなくなります。
新卒で正社員として働いていても、3人に1人はやめていくといわれています。

正社員の仕事にこだわって望まない仕事をやるよりは、派遣でもいいので希望の仕事に就いたほうが時間を無駄にしなくてもすむかもしれません。


新卒採用は、派遣や契約社員でも有利になります。せっかく人生で一度きりのチャンスですので、登録する派遣会社は慎重に選びましょう。
社会保障制度などが充実している大手の派遣会社がおすすめです。

新卒の人は、派遣からはじめても正社員になれる可能性が高いです。

会社としては、短い時間の面接だけで人材を採用するよりも、実際に働く姿を見ている人のほうが安心して採用することができます。


派遣で働いていると、6ヶ月程度で「正社員にならないか」と誘われることもあるようです。

このように、新卒採用で派遣や契約社員の仕事を選ぶことにはそれなりのメリットがあります。

もしも希望の職種で正社員になれそうもなかったら、選択肢の1つとして考えてみることはおすすめできます。