民間の駐車場

普段飛行機に乗ることの多い、忙しいビジネスマンなら、空港の利用にはもう慣れていることでしょう。
国内線だけではなく、世界に向けて飛び立つ国際線を就航している大きな空港では、その空港内にたくさんの施設があり、一日居ても回りきれないぐらいの店舗数が営業していたりします。空港という場所はただ飛行機が発着するだけの施設と言うだけでなく、様々な要素を導入することで、その営業を続けています。

関西最大と言われる関西国際空港、略して関空と呼ばれることが多いこの空港では今、民間のサービスが、斬新な発想と確かなコストバリューで、この関空の利用客にとって話題になっているのです。

そのサービスとはパーキング、つまり駐車場にまつわる業務の一環として営業されています。
関空に車で訪れ、そのまま旅に出てしまう人が帰ってくるまで、その旅行の期間、しっかりと車を駐車場にて預かるというサービスで、そのまま空港に車を置いておきたい旅行客やビジネスマンにとって、とてもありがたいサービスの一つとして人気を獲得しているようです。

しかし関空には空港直営の駐車場が併設されており、その駐車場でも旅行に行っている期間中は車を預かってくれるというサービスはあるのです。それではこの民間のサービスと関空のサービスではどのような違いがあるのか、具体的に見ていきましょう。






おすすめ記事

What's New

2012/02/22
最新記事を更新。
2012/02/22
民間のルールを更新。
2012/02/22
その他のサービスを更新。
2012/02/22
料金の安さを更新。
2012/02/22
空港直営と比較を更新。
2012/02/22
関空で駐車場探しを更新。
2012/02/22
ホームページリニューアル